外れたレンズは傷が無ければつけ直しできる

はめ込まれているだけなのでつけ直せる

メガネのレンズはフレームに接着されているわけではなく、ただ単にはめ込まれているだけです。そのため、レンズ部分に強い力が加わってしまうと、フレームから外れてしまうことがあります。もしも、レンズが外れてしまって困っているときは、つけ直すことを考えてみましょう。傷がついていないなら、つけ直すことで以前のように利用できる可能性が高いです。自分でも簡単にはめ込めるようになっているフレームもあるので、まずは試してみましょう。もしも、自分でやったのではフレームやレンズが壊れそうだと感じた場合は、メガネ店に持っていきつけ直してもらうことをおすすめします。メガネ店のスタッフに任せれば、完璧に元通りにしてもらえます。

ナイロン糸で固定されているタイプはお店に持っていく

フレームの種類によっては、レンズをナイロン糸で固定しているものもあります。そのタイプのフレームからレンズが外れてしまったときも、切れていないなら自分でつけ直すことができます。しかし、あまりおすすめできないので、お店に持っていくようにしましょう。その理由は一度でも外れてしまった場合は、ナイロン糸が伸びているケースがあるからです。伸びてしまうとレンズとナイロン糸との間に緩みがでて、またいつ外れるか分からない状態になっている可能性があります。そのような状態で利用し続けるのは不安でしょうから、お店で交換してもらったほうが安心できます。ちなみに、購入したお店に持っていけば、ナイロン糸の交換は無料で行ってくれる場合が多いです。

見え辛いと思いだしたら、新聞や雑誌を気軽に読めて人の顔も認識できて自然に生活できる、そんな自分に合った眼鏡をみつけることで生活を変えることができます。