セルフレームの折れ!溶接できない場合は買い替えを

溶接で直せる場合もある?

床に落としたり誤って踏んづけてしまったりして、メガネのセルフレームを折ってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。そんな時、まず思い浮かぶのが修理だと思います。自分でセルフレームを修理できれば時間もお金もかかりませんが、接着剤だとまたすぐに取れてしまう可能性が高く、テープなどを巻いての補修は見た目にもあまりよくありません。

そこでおすすめなのが、溶接修理を依頼する方法です。セルフレームの素材や折れ方によっては溶接で修理できるケースも多いので、メガネを購入したところや、メガネ修理を行っているお店に相談してみると良いでしょう。店によって溶接修理の料金が違う場合があるので、できるだけ安く修理するなら複数の店への見積もり依頼をおすすめします。

修理せずにメガネを買い換える場合は?

セルフレームにはさまざまな材質がありますし、折れ方によっては溶接修理ができない場合があります。いくらお気に入りのメガネであっても、その場合は買い替えが必要になります。 メガネの購入方法としてまず挙げられるのが、壊れたメガネを購入したのと同じ店で購入する方法です。修理ができないとわかった時点で、すぐに新しいメガネを選ぶことができます。また、壊れたメガネと同じメーカー、ブランドのメガネが置いてある可能性が高いので、似たようなデザインのメガネが見つかる可能性が高くなります。 また、メガネの通販を利用して購入する方法もあります。通販なら1度に数多くのメガネを比較しながら選ぶことができますし、自宅にいながらメガネ選びができるので忙しい人にとっても安心と言えるでしょう。